着物、和装ヘアスタイルもウィッグなら簡単!

結婚式・披露宴、成人式、お正月などで着物を着た時に悩むのがヘアスタイルですよね。美容院でセットしてもらうのは時間も、お金ももったいないです。着物・和装にぴったりのウィッグもたくさんありますよ。このサイトではお手頃な価格で和装用のウィッグを販売しているショップを紹介しています。着物、和装用以外のおしゃれウィッグはヘアウィッグ通販☆かわいいおしゃれなウィッグへどうぞ。

 

プリシラ

 

和装・着物用にセットされている部分ウィッグなどが50種類以上もあります。浴衣向き、成人式用にちょっと豪華なウィッグやおけいこ事、年配の方にもぴったりのダークなカラーも和装ウィッグも取り揃えています。

 

プリシラ  公式サイトはこちら

 

 

 

Linea-Storia(リネアストリア)

 

ウィッグ、エクステ専門オンラインショップのリネアストリア。若い人向けの和装ウィッグがあります。おしゃれなウィッグがロングヘア、ショートヘア、すぐにイメチェンできるフルウィッグから手軽に使えるポイントウィッグなども、豊富なカラーで取り揃えています。

 

リネアストリア 公式サイトはこちら

 

 

和装にぴったりのポイントウィッグついて

 

ウィッグ通販のウィッグのウィッグは、種類も多く揃っているので選ぶにも困りません。フルウィッグ、ボブウィッグ、前髪ウィッグ、そしてポイントウィッグと、種類もウィッグの数も豊富に揃っています。街のお店には女性用ウィッグより男性用ウィッグが極端に少ないですが、男性用ウィッグこそたくさんの品数のなかから選べるウィッグ通販がおススメです。

 

ポイントウィッグですが、ポイントウィッグは常に元の自分のヘアを同じ状態にしておかなければならない面倒さもありますが、軽いうえ、夏つけていても困りません。そのため、ほんとうのオシャレな方は、面倒さなど気にしないで着けておられます。また、頭のてっぺんのつむじが薄くなったのを隠すためのポイントウィッグでしたら、元の自分のヘアの延び具合も気にせずにすみます。

 

ポイントウィッグは、薄くなったつむじを隠すためのものだけでなく、前髪専用ポイントウィッグもあれば、襟足用のものもあります。部分的に使うものなので、フルウィッグよりも価格も安く、軽くて使い心地は良いです。夏でも安心して使えます。

 

ただ、問題は元のヘアスタイルが常に一定していないと見た目に違和感を感じることですが、常に1ヶ月半ぐらいでカットしている方ならほぼ大丈夫だと思われます。お値段も1,500円ぐらいからありますから、試してみるのもおススメです。フルウィッグと同様にバエリエーションも豊富です。前髪にボリュームをもたせたりするなど、楽しみ方も色々できるのもウィッグの良いところです。

 

これまで和装のときに使うウィッグというのはお茶、お花のおけいこなどで着物を着る時につけることが多かったので、ちょっとおばちゃんのウィッグというイメージもありますよね。若い方向けの和装ウィッグは金髪などの派手なものもありますが、落ち着いたお嬢様系のポイントウィッグも種類が増えてきました。カラーはフルウィッグなどと同じく数種類から20種類くらいまで豊富にありますし、デザインもかわいいものがたくさんあります。

 

夏場には浴衣に似合うウィッグが毎年、新デザインが登場していてみのがせませんよ。和装、浴衣向けのポイントウィッグはお団子に被せて使うものがほとんどです。地毛でお団子を作ったら、ポイントウィッグについているコームやしぼり(巾着袋のキュッと絞るところに似ています)で固定するだけの簡単さです。急いで装着しても、初めてのポイントウィッグでも失敗なく装着することができます。

 

着物向きなポイントウィッグのかぶり方、アレンジ方法もウィッグ通販ショップでたくさん紹介されています。以下のヘアスタイルで使用しているウィッグは和服専用というのではなくて、アレンジによって着物、和装に似合うヘアスタイルにしてあります。

 


 

この写真で着用しているウィッグは

 

一撃アップ盛り 1950円
前髪ウィッグ横流しロング 1250円

 

2つで3000円ちょっとです。1つだけでのポイントウィッグにこだわらないで、数個を組み合わせて自分だけのウィッグスタイルを作れるのも魅力的です。お団子につけるロングヘアのポイントウィッグと、前髪用のウィッグを合わせて使うことが多いようです。

 

簡単に自分でもウィッグを付けられるから美容院でセットしてもらうよりも、安くすみますよ。このウィッグの着用方法は、地毛を1つにまとめてお団子を作った後に一撃アップ盛りで挟み込んで、前髪を付けるだけです。浴衣にもぴったりなのでぜひ試してみてくださいね。