ウィッグの洗い方ついて

 

お気に入りのウィッグなら特に長持ちさせたいですよね。このページではきれいな状態でウィッグを保つための汚れの落とし方、洗い方を紹介します。ウィッグのお手入れ法は、使用する時々のブラッシングと、上手の保管の仕方が大切です。

 

そして、汚れた時のシャンプーの仕方も、正しいシャンプーの仕方を知っておきたいものです。ウィッグを洗うとカールやウエーブが取れないかと心配する方もいますが、正しい方法で洗えば取れないです。むしろ、洗わずにそのままにしておいた方が、せっかくのウィッグをダメにしてしまいます。

 

ウィッグ通販ショップからウィッグが届いたときは、被り方からブラッシングの仕方や保管法、そしてシャンプーのしかたの説明書がついていますから、まず始めにしっかり読んでおくことをおススメします。

 

 

ウィッグは、汚れが気になった時はもちろん、長期間使う予定がない時や、長い期間使わずにいた時もシャンプーをしてください。長い期間保管しておくとどうしてもにおいがこもりがちですが、においを気にせずにすみます。

 

また、長い期間使わなかったウィッグを、急に被りたくなった時や、においだけが気になるときは、デオドラントスプレーを軽く吹きかけてください。シャンプーの前に軽くブラッシングをして、汚れを落としたり、絡みをほぐします。絡んだままシャンプーをするのはウィッグの毛を傷ませるもとです。

 

シャンプー材は、普通のシャンプーでも良いですし、ウィッグ専用のシャンプーならなおよいですから、それほどこだわらずに、自分が良いと思ったシャンプーを選んでください。シャンプーをした後には、リンスか柔軟剤で仕上げてください。柔軟剤の量は、普通の衣服のときと同じ割合で大丈夫です。

 

人工毛が傷まないように自然乾燥しましょう

 

ウィッグの乾かし方ですが、タオル2枚ぐらいを使って、丁寧に抑えるような感じで水気をとって、室内で乾かしてください。早く乾かせたいとドライヤーなどの温風を当てるのはやめましょう。ファイバーが傷む原因になってしまいます。

 

乾かす時も形を整えておくときれいに仕上がりますよ。しっかりと乾いたらウィッグ専用ケア用品を使用してお手入れをすることをおススメします。